身障くわな
                   [平成17年9月1日発行・第355号 身障くわなより抜粋]



新しい市になって心新たに 桑名市障害者福祉大会

日時 10月2日(日) 午後1時開始(12時30分受付)
会場 桑名市体育館(桑名郵便局東隣)

新しい市になってはじめての福祉大会です。

多数の景品、及び参加賞を用意しています。

多度町、長島町のみなさん、そして旧桑名市のみなさん、家族お友達お誘いあって、
多数のご参加をお待ちしています。

※ 詳しい内容は「身障くわな10月号」でお知らせします。


デイサービス事業社会見学

日程 平成17年9月29日(木)〜30日(金)

参加費 1人 18,000円

行き先 白川郷、飛騨高山、高山まつりの森 他

宿泊 飛騨高山温泉{高山グリーンホテル}

参加資格 桑名市在住の障害者手帳をお持ちの方

定員 31名


申込 9月5日(月)午前9時より、総合福祉会館内デイサービス事務所まで(пAFAX
 22-5003)それ以前は受付できませんのでご了承ください。定員になり次第締め切
ります。

その他 介助の必要な方は付添いのかたも一緒にお申し込みください。

参加費は、9月16日(金)までにデイサービス事務所へ納めてください。そのときに
詳しい行程表をお渡しします。

バスはリフトつき観光バスを使用しますが、車椅子の固定は2名までとさせていただ
きます。ご不明な点はデイサービス事務所までお問い合わせください。




長島支部便り

毎日暑い日が続いておりますがみなさまいかがお過ごしでいらっしゃいますか。

この度長島支部では暑気払いということでもありませんが、8月4日(木)に、恒例となっております日帰り交流会を尾張温泉東海センターにて実施いたしましたところ51名の方に参加していただきました。

例年ですとマイクロバス2台で送迎するのですが、今年は尾張温泉バスの都合が悪く1台でピストン輸送となり、早い組と後の組で約1時間の格差が出ましたが不満をもらす人はおりませんでした。

午前10時より踊りが始まり、そのうちに出された幕の内弁当を食べながら話も弾み、なんだかすぐに昼が来たような感じでした。途中温泉に入ったり買い物をしたりしている内に、当日は花の歌謡まつりが東海ラジオの公開録音ということで、歌手の香田晋さんと清水たま希さんのショーで大変賑やかでした。

次ぎは、劇団の名前は忘れましたが芝居がありました。そして午後3時に終了いたしましたが、大変有意義な交流であったと自負いたしております。

長島支部長  河野正仁


防災研修講演会に参加して

繁田冨美子

7月19日、東田せつ子様の「阪神淡路大震災」の体験談を聞かせていただきました。その生々しいお話を聞いているうちに、過ぎし日、桑名の空襲時に逃げ惑い、家族と3日も会えなかった自分を思い出してしまいました。

予告なしの地震、いつどこで発生するかもしれない地震、自分の身は時分で守るしかありません。

子どもの頃いつも母が言っていました。「一箇所だけは戸を開けよ」と。つまり逃げ道の確保です。ガラスの多い昨今、絶対に足元の防備を保たねばなりません。そして、非常袋は出口に近いところに置くことも忘れずに。その非常袋も時々点検し、季節が変われば肌着なども入れ替えしなければ。早いうちに調べておこうと思います

我が家の両隣に電信柱があり、もしも倒れたら家はつぶされてしまいます。指定の避難所は小高い場所にある小学校です。途中で樹木やブロック塀が倒壊せぬとも限りません。私たち障害者は回り道も考えておかなければなりません。近所の方々に声を掛け合うことも大切ですね。

今回は、災害に備えていろいろなことを改めて考えさせられる良い機会となりました。有意義なお話をありがとうございました。



ボ連協バザー開催

桑名ボランティア連絡協議会では、今年もボランティア活動資金の助成を目的とするバザーを開催します。お値打ち品でいっぱいです。皆様お誘い合わせの上、お出かけください。

とき 9月10日(土) 午前10時〜午後2時

ところ 桑名市社会福祉会館(桑名市役所東隣)






福祉の店「わくわく」からのご案内

今月のギャラリー

9月2日(金)〜9月30日

広陽園 作品展


わらべ唄の会

9月も都合によりお休みさせていただきます。福祉の店「わくわく」

0594-25-0909



ホームページへ



[平成17年8月1日発行・第354号 身障くわなより抜粋]


今年の夏は暑くなりそうです。 みなさん夏負けしないようがんばってください。 平成17年 盛夏 会長 細井五十鈴


愛・地球博 見学を終えて
水谷康子
朝7時半、私のアテンダントと共に福祉会館へ行く。8時過ぎ「太陽号」と「八風バス」で出発。長久手に到着。西入り口近くに駐車。身障者の入口で一応バッグの中のチェックがある。私は予定通りグローバルコモン(3)に入りパビリオンを9館廻る。ヨルダンの砂の芸術が素晴らしい。モロッコ館ではミント茶のおいしかったコト。昼食は手作りのおにぎりをグローバルループの椅子に掛けて食べる。モリゾウとピッコロをカメラに収め昼からはグローバルコモン(4)に行き北欧共同館と、あと8館を見る。ウクライナで演奏を聞き、次にアフリカ共同館を見るが売店が多く、つい土産を買ってしまった。エジプト館ではクレオパトラが飲んでいたお茶を飲み悦に入る。外に出ると本場のマンボ演奏をやっていて、一日の疲れも忘れ元気のパワーを貰って私流の愛・地球博を無事終える。感謝!感謝。海外旅行の雰囲気を充分堪能させていただき幸せ気分の今日この頃です。本当にありがとうございました。
自由行動だったので自分のことしか分かりません。バスに戻迄見学中には誰にも会いませんでしたが、みなさんはどのようにたのしんでみえましたか。

突然襲った 病魔に勝った
藤岡紀子
今年の4月の中頃病院で心電図とCT検査を受けました。
そうしたら思いもよらず先生から肺に異常があると説明されました。何の症状もなく、まさか自分の体が病におかされているとは想像もしていませんでしたが、四日市市民病院を紹介されました。
呼吸器外科の先生から1時間程度の説明をしていただきました。それは本当に心細くなるお話でした。骨と脳に転移している場合、手術はできないといわれたのです。今までの人生が一瞬にして脳をよぎりました。でも検査の結果、幸いにも転移はなく、5月2日に家族に励まされ不安を力に変えて5時間の手術に耐えることができました。
先生、看護婦さんには大変お世話になりました。1週間で退院できたのですが、リンパ腺検査の結果、菌があることが分かり再入院することになりました。それでも1カ月で退院することができました。
先生もやるだけのことはやりましたから、がんばってくださいねと送り出してくださいました。
今思えば何気なしに、検査を受けたことによって病気を見つけていただき、またこうして元気にいられることをみなに感謝したい気持ちでいっぱいです。
みなさんも面倒がらずに定期検査を受けてくださいね。

お礼
6月10日〜7月6日まで福祉の店「わくわく」でギャラリーに七和写真同好会みなさまの素晴らしい作品を展示していただきました。
風景、花にたわむれる虫の自然の表情が見事にとらえられていました。
目を楽しませていただいた1カ月でした。
そして売上金は全額、福祉の店「わくわく」へご寄付くださいました。
七和写真同好会のみなさまに感謝申し上げます。
福祉の店「わくわく」 代表 細井五十鈴

福祉大会スローガン募集
11月21日に三重県玉城町で、三重県身体障害者福祉大会が開催されます。そこで「県身連」では、大会スローガンを募集しています。※下記
詳しくは、三重県津市一身田の三重県身体障害者福祉連合会まで。


福祉大会スローガン募集について
内容:身体障害者の自立と社会参加の向上のため社会の共感を得られるもの
応募資格:三重県内在住で障害者に理解のある人
応募方法:住所、氏名、年齢、電話番号、職業
締切日:平成17年9月1日(木)
送付先:〒514-0113 津市一身田大古曽670-2
   社団法人三重県身体障害者福祉連合会 宛
   電話 059-232-6803 FAX 059-231-7182
 入選作品は、福祉大会の会場に展示し表彰する。
三重県障害者社会参加推進センター発行の「ふれあい」より抜粋


<わらべ唄の会>
8月は都合によりお休みさせていただきます。
福祉の店「わくわく」 0594-25-0909 定休日(木曜日)


ホームページ