「障がい者」の表記について最近、「障害者」の表記における「害」という漢字を
 ひらがなに変えて「障がい者」と表す全国の自治体が増えてきました。
 「害」という漢字がマイナスのイメージを与えているという理由からです。

  しかし、まだ全国では賛否両論で統一されていません。

 障害者にとって社会がバリアフリーになっておらず、社会から障害を背負わされ
 ているのだから「障害者」のままがいいと
 いう意見。ひらがな表記だと、ばかにされたように感じると言う意見も。
 ある有識者は、『「害」のマイナスのイメーシに気づくことに意味がある。
 しかし、ひらがなに変えれば、
 社会の実態が変わったかのように錯覚してはいけない。
 重要なことは、表現ではなく、社会から障害者への不利益、差別をなくすことだ』
 と、訴えています。

 


皆さんのご意見は?