みえ福祉用具フォーラム2004    &自助具製作ボランティアグループ交流会


11月5日(金)と6日(土)に開催された「みえ福祉用具フォーラム2004」では、「自助具工房くわな」「鈴鹿自助具倶楽部ダブルシュークリーム」「バリアフリー工房きなん」の3グループから自助具の展示をしました。


みえテクノエイドセンターアンケートより抜粋
出展者アンケート集計結果 回収率:21/24 (88%)

問1 フォーラム全体の感想はいかがでしたか

@ たいへん満足・・・ 0人( 0%)
A 満足・・・・・・・17人(81%)
B 普通・・・・・・・ 4人(19%)
C 不満・・・・・・・ 0人( 0%)
D たいへん不満・・・ 0人( 0%)

満足だったこと、不満だったことについてお書きください
・ 動員人数は満足だったがケアマネジャーの方の動員が少ないように思われた。
・ 自助具メーカーの参加もあれば良かった。
・ 行政の方や一般の方または学生にPR出来た事。
・ 「車いすと身体の適合」講演で席がいっぱいになった事。
・ もう少し外部(一般)の方の来場があればと思います。
・ 用具への関心がある方が多く、説明のしがいがありました。
・ 専門職(ケアマネ、ヘルパー、看護師)と一般参加者との区別ができるようにシールor名札等つけてもらうと良い。
・ 時間設定も良く、無理なく対応できた。
・ 大都市の自助具展示に比べ落着いて見学、対応が出来たのではないかと思う。(入場者もこの程度でお互いの認識が深まる)
・ もう少しブースが広いと良かったですが、色々な方に製品に触れて頂けたので良かったです。
・ 三重県内に福祉用具を幅広い方に広める事が出来良かったと思う。今後、回を重ねて、地域に密着していけばと思う。
・ ベッド用、お風呂用リフトを展示して頂いているので、説明がしやすく、御利用者にも理解しやすい環境である。
・ 満足点は利用者様など来場された方に時間をかけ充分に商品を説明できたこと。不満点は時間配分が短い(1日に集約しても良いのでは?)一般の来場者が「福祉用具」という枠組みの中で来場が少なかった。
・ 各メーカーのセミナー等、普段聞けない講座が聞けた事。
・ ブースが大きく、参加メーカーがほどほどだったことから、来場者一人ひとりに時間をかけ説明することができました。
・ ケアマネジャー職が少なかったことが残念です。
・ 福祉用具に関する県内での取り組みについて勉強になりました。


自助具製作ボランティアグループ交流会

12月3日(金)正午から津市一身田大古曽670ー2

三重県身体障害者総合福祉センター大研修室にて開催



交流会


みえテクノエイド

自助具工房くわな

鈴鹿自助具倶楽部ダブルシュークリーム

バリアフリー工房きなん



活動報告

自助具トップページ

ホームページへ